\おまとめローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「毎月の支払いが複数で大変」
「金利ってもっと安くなる?」

今すぐおまとめローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれるおまとめローンをご案内します。誰にも会わずに今日中におまとめローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している大手消費者金融がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
おまとめローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する方法です。おまとめローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。おまとめローンを検討中でも、「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

おまとめローンの基礎知識コラム


今、提供されているインターネット申し込みのキャッシングの大多数が、当日審査の即日入金が可能です。業者の営業時間にもよりますが、昼前に申し込んでおけば夕方には指定した口座に希望した金額が入金されている、といった話も多いです。これほどまでにスピーディーな融資が可能なので、いざと言う時にもおまとめローンに頼ることができるので、安心です。仕事帰りにお金が必要な時は、休憩中に申し込んでおき、退社後に近くのATMで現金を引き出す人もいますので、ご自身でも都合の良い使い方を考えてみてください。おまとめローンのやり過ぎには注意する必要があります。借金が複数ある状態の多重債務というものになってしまうでしょう。というのも、一つの金融機関から融資を受けられる金額ってここまでという金額が設定されているものです。それゆえ、返済日になれば、返済に必要な金額を別の金融機関なりから調達してこないといけません。これを何回も行うと、多重債務者が出来上がります。金融機関のサービスも多種多様となっていますが、それぞれ借り入れ可能な限度額に違いがあり、よくある小口や即日などのパターンに限らず、たとえば、数百万円にもなるような大きな融資もキャッシング利用限度額以内で受けられます。少しでも早く融資をしてもらいたい場合には、驚くほどすぐに現金が手に入れられるので、たいへん利便性が高く、多くの人々に浸透しています。希望の金融機関が発行しているカードを使うというのが一般的なやり方と言えるでしょう。気軽にキャッシングをするのはあまりよくないことですね。定職についてさえいれば、返せるだろうなんて考え方は甘すぎます。その仕事さえもなくしかねないのが返済できなかった時の取り立てなんです。勤務先に取り立ての電話がかかってくることにより勤務先に居づらくなり仕事をができなくなってしまった人をたくさん知っているのです。今、利用しているキャッシングの借入限度額を上げたい場合、信用度を上げる必要があります。もし、これまでの返済が滞りなく済んでいる場合は、返済実績がついて業者から追加融資の提案をされると思います。仮に、返済遅延したり、あまりにも短い間に複数回借り入れた場合は、お金に困っている印象を与えるので、追加融資は望めません。信用度が下がっていますから、当然です。実際に追加融資をするには増額申請をするのですが、この時の電話で断られているのに、何度も電話して短期間に増額申請を繰り返すようなことはNG行為です。業務妨害になってしまい、利用停止措置を受けるリスクがあります。速やかな審査をセールスポイントにしているカードローンはたくさん聞かれますが、事によってはそういったおまとめローンでも審査結果の連絡が翌日に回ってしまう例もあります。それは求める額が高額な場合、勤め先に在籍の確認が取れなかった場合が多いでしょう。希望額に関しては致し方ないこともあるでしょうが、在籍確認の場合、その方法は電話一択にかぎらず、必要な書類の送付でもかまわないという業者を選ぶことにより、より短時間での審査にできるはずです。アコムのキャッシングサービスを初回申込みの方に限り特典があります。それは、申請した日から最大で30日間無利息で利用頂けるという点です。スマートフォンからの申込みも可能で、「アコムナビ」というアプリをお使い頂くと、必要な書類もそこから提出できますし、自動で現在地から近くにあるアコムのATMを検索してくれる機能がついています。また借りたお金の具体的な返済方法を計算してくれるので、計画的におまとめローンをしたい方にお勧めです。以前キャッシングしていた場合、過払い金を請求できることがあります。請求をしたい時には司法書士や弁護士を経由して、内容証明をもらい、処理すると、戻ってくるかもしれません。まずは費用のかからない無料相談でカウンセリングを受けてみましょう。スマホやネットの普及により、最近のキャッシング契約はウェブ上での手続きだけでOKというものが一般的になってきました。いまから借りる人は知らないと思いますが、昔はネットで申し込んでも、それだけでは終わらなかったですから。でもネット申込と言ってたんです。不思議ですね。最近では小額なら収入証明も不要で、インターネットだけで終わります。PCの前に座っているだけで(スマホなら外でも!)手続きが済むのです。ユーザーにとっては大きなメリットで、ありがたいと思います。お金の借り入れをする時に比較をするということは必要なことであると言えますが、比べる条件として一番重要なのは金利がどれくらいなのかという事です。借りる金額が大きくなく短い期間で返すことができるなら金利以外の条件を重視して利用しても良いですが、長期間返済するときや金額が多いときにはなるべく低金利を選択するべきです。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス